40代妊娠したい人|妊娠したい

40代妊娠したい人

最近では40代になって妊娠したいという人も結構いるようです。特に仕事が忙しく結婚が遅れてしまったり、結婚していても、ついつい妊活ができなかったというカップルもいるのではないでしょうか。40代妊娠したいと思っても、もう遅いと諦めてしまっている人もいるようです。でも、まだまだ諦めることはありません!ちょっとだけ今の生活を妊娠のために使うようにしましょう。40代に出産した人はたくさんいます。今からでも遅くないのです!

 

早めの検査を

避妊を解禁して1年程度で妊娠出来なかった場合は、検査をしてみるといいと言われています。特に40代になってからの妊活なら、初めから検査を受けることもおすすめです。夫婦両方の妊娠を邪魔する原因がないか調べることで、改善することがあれば早く改善することもできます。その上で妊活をした方が成功の早道となります。ある程度の不妊治療を取り入れることも柔軟に考えるべきではないでしょうか。

 

マカや葉酸

妊活に人気があるサプリがマカや葉酸です。男性に元気がない場合は滋養強壮効果の高いマカを。そして女性には生殖機能を高める効果もあります。また老化した卵子や精子は不妊の原因にもなり、妊娠しても障害を発生させる原因にもなります。そのために妊活の時から、男女ともに葉酸をしっかり摂って、正常な精子と卵子をつくることを意識しておきましょう。

 

経験者から知る高齢妊娠のコツ

やはり多くの40代で妊娠した人たちの経験談には、成功した人たちのコツやポイントに共通するところがいくつかあります。それこそとても重要なポイントになりそうです。

 

若さ、健康を保つこと

とにかく年齢より若く見えるように、心も体も若くしていることです。若く見えるということは健康であるということにつながります。そのためにもバランスの良い食事、適度な運動、そしてストレス解消を意識しましょう。細かいことはこだわらず、どうにもならないことはとにかく忘れて楽しい時間をつくります。妊娠に成功するために料理なども楽しんで行いましょう。

 

妊娠することができると信じる

妊娠したい40代

妊娠できると信じることはとても重要です。まず心から焦りがなくなるので、いつか必ず妊娠できるという信念を持つことはとても大切なのです。人間はできないと思って努力する場合と、できると信じて努力する場合とでは、まったく結果が違ってしまいます。必ず赤ちゃんが来てくれると信じ、焦らず着々と妊活努力をしていく結果、結局本当に成功しているのです。

 

セックス回数

やはり上手に排卵日に当てるためにはセックスの回数を増やすことが必要です。排卵日の予定が分ったら、その前1週間程度から1日おき程度は頑張ってもらいたいものです。他の日はゆっくり休んでもらってもいいので、その一週間は頑張ってもらいましょう。そうすれば必ず排卵日の直前と排卵日に当たることができます。そのためにも基礎体温や計算などを使ってしっかり排卵日を調べることが大切です。

 

まとめ

40代だからといって妊娠を諦めることはまったくありません。今は女性の体も栄養がよくなり、若くなっています。それに妊娠治療なども技術がとても進んでいるので、しっかり自信をもって妊活に当たって欲しいと思います。

 

関連ページ

妊娠したい人へ
妊娠したい人へ。妊娠したい悩みや情報、アドバイスについて。妊娠したい女性に必要なこと、妊活の方法をアドバイス!妊娠前から妊娠中、妊娠後まで女性としてしておくべきことは何?妊活について考えよう!
早く妊娠したい人へ
早く妊娠したい人へ。妊娠したい悩みや情報、アドバイスについて。妊娠したい女性に必要なこと、妊活の方法をアドバイス!妊娠前から妊娠中、妊娠後まで女性としてしておくべきことは何?妊活について考えよう!
マカの作用とは?
妊娠したい人にマカはいいの?マカの作用、妊娠にマカといわれるわけは?妊娠したい悩みや情報、アドバイスについて。妊娠したい女性に必要なこと、妊活の方法をアドバイス!妊娠前から妊娠中、妊娠後まで女性としてしておくべきことは何?妊活について考えよう!
自然妊娠を望むなら
自然妊娠をしたい悩みや情報、アドバイスについて。妊娠したい女性に必要なこと、妊活の方法をアドバイス!妊娠前から妊娠中、妊娠後まで女性としてしておくべきことは何?妊活について考えよう!
妊娠したい人の検査
妊娠したい人の検査、アドバイスについて。妊娠したい女性に必要なこと、妊活の方法をアドバイス!妊娠前から妊娠中、妊娠後まで女性としてしておくべきことは何?妊活について考えよう!
妊娠したい人の食生活
妊娠したい人の食生活について考えてみましょう。やはり妊娠しやすくするには体づくりも大切です。それにはやはり食事はとても重要ではないでしょうか。妊娠したい食生活の注意やポイントを考えていきましょう。