妊娠したい人の検査|妊娠したい

妊娠したい人の検査

妊娠したいと考えてから1年〜2年たっても妊娠できなければ、やっぱり検査をおすすめしたいと思います。早く不妊の原因を知ることは、妊娠するための近道ではないでしょうか。今は気軽に妊娠希望カップルがどんどん検査を利用しています。どのような検査をするのかということも、気になるところではないでしょうか。ここでは簡単に検査のご紹介をしてみたいと思います。

 

一般的検査

妊娠したい人の検査

まず診察台の上で行う検査として子宮や卵巣を内診します。そして細い超音波プローブを膣から入れて子宮筋腫や卵巣嚢腫、子宮内膜症などの異常を確かめます。次に子宮卵管造影検査としてX線造影を行います。X線透視によって子宮口から造影剤を入れて子宮の形を調べたり、卵管の閉そくの有無を確かめます。これはちょっとだけ痛みを感じるとも言われています。ここで不妊の原因が発見されることが多く、すぐに治療を行なって、自然妊娠に成功することが多いとも言われています。

 

血液検査

血液検査ではホルモン検査や糖尿病、他の疾患などを調べます。ホルモン検査は女性ホルモンと男性ホルモンのバランス。卵巣を刺激する卵胞刺激ホルモンや黄体形成ホルモンの検査や、甲状腺ホルモンの検査なども行われます。またホルモンは生理の周期によっても違ってくるので、黄体期と月経期に分けて2回検査することになります。

 

1歩踏み込んだ検査

上記の検査が一般的な女性の不妊検査ですが、ここからはちょっと踏み込んだ検査となります。これは腹腔鏡によってお腹の中を観察するもので、全身麻酔による手術検査となります。子宮、卵巣、骨盤内臓器の状態まで確認でき、なかなか分らなかった不妊の原因が見つかることもあります。しかし、ここまでの検査をする人は多くないとも言われています。

 

男性の検査

不妊カップルの半分は、男性も原因にかかわっていると言われています。精液の量、濃度、運動率、運動の質、形態、また感染症があるかなどの検査も行います。精液は数日の禁欲した後に男性自身で放出したものを検査します。実際は自宅で行いたいところですがとても保存が難しいので、やはり病院で行うことが多くなります。デリケートな男性に関しては、2時間以内に自宅から運び入れるということも行われるようです。

 

また勃起や射精の状態や睾丸の診察などもあります。血液中のテストステロンや性腺刺激ホルモンの検査も行います。他にも精子数が少ない場合などは染色体、遺伝子検査などを行うこともあります。

 

まとめ

このように妊娠したい人の検査はいろいろあります。しかし文字にするととても大変そうですが、いざやってみるとそんなに大変なことではありません。まず不妊の原因がはっきりさせることは、妊娠を成功させるためには重要なことです。気軽に受けてみるといいのではないでしょうか。

関連ページ

妊娠したい人へ
妊娠したい人へ。妊娠したい悩みや情報、アドバイスについて。妊娠したい女性に必要なこと、妊活の方法をアドバイス!妊娠前から妊娠中、妊娠後まで女性としてしておくべきことは何?妊活について考えよう!
早く妊娠したい人へ
早く妊娠したい人へ。妊娠したい悩みや情報、アドバイスについて。妊娠したい女性に必要なこと、妊活の方法をアドバイス!妊娠前から妊娠中、妊娠後まで女性としてしておくべきことは何?妊活について考えよう!
マカの作用とは?
妊娠したい人にマカはいいの?マカの作用、妊娠にマカといわれるわけは?妊娠したい悩みや情報、アドバイスについて。妊娠したい女性に必要なこと、妊活の方法をアドバイス!妊娠前から妊娠中、妊娠後まで女性としてしておくべきことは何?妊活について考えよう!
40代妊娠したい人
40代で妊娠したい悩みや情報、アドバイスについて。妊娠したい女性に必要なこと、妊活の方法をアドバイス!妊娠前から妊娠中、妊娠後まで女性としてしておくべきことは何?妊活について考えよう!
自然妊娠を望むなら
自然妊娠をしたい悩みや情報、アドバイスについて。妊娠したい女性に必要なこと、妊活の方法をアドバイス!妊娠前から妊娠中、妊娠後まで女性としてしておくべきことは何?妊活について考えよう!
妊娠したい人の食生活
妊娠したい人の食生活について考えてみましょう。やはり妊娠しやすくするには体づくりも大切です。それにはやはり食事はとても重要ではないでしょうか。妊娠したい食生活の注意やポイントを考えていきましょう。